なぜ今ちゃぶ台が人気?その魅力に迫る!

いろいろな用途に利用でき便利なちゃぶ台

「ちゃぶ台」というのは大正昭和と言った古い時代に、茶の間で使われたインテリアです。
昔は今と違って、ほとんどの家庭が畳の部屋で構成された家に住んでいました。
その畳の部屋のうちの家族が集まって団らんという場所を居間として使っていました。
この居間にはちゃぶ台があり、食事をするときなどにその上に料理を並べて家族で食卓を囲むという家が多かったようです。
今では、この床に座ってというスタイルがノスタルジーを感じるということもあり、たいへんおしゃれなインテリアとして人気が出ています。
ちゃぶ台は、足をたたんで小さくすることもできるというタイプのものがあり、狭い日本の家屋ではとても便利な家具です。
この「ちゃぶ台」にはいろいろな種類のものがあり、形も円形だけでなく四角のものや変形のものなどがあります。
また、使われている素材についても木材などの他にも、インテリア用に開発された段ボールなどがあり、軽くて強い素材を利用して作られたものがあります。
購入するにはインテリアショップやネット通販などがあります。
食事だけでなく、いろいろな用途にも利用できて、簡単に片付けることができるのが「ちゃぶ台」の良いところです。
大きさや使い勝手を調べてから購入することをお勧めします。

見直されるちゃぶ台の存在感

昭和の家族団らんを象徴する存在として家庭の中心に据えられていた「ちゃぶ台」が現代において見直されつつあります。
一時期は北欧家具がブームとなり、存在感のある大きめの家具を買う家庭も多くありましたが、それと同時に一人暮らしの住まいでは小型のローテーブルが好まれるようになりました。
素材や色、さまざまな形から選ぶことのできるローテーブルは一人暮らしを彩るうえでのマストアイテムといえますが、そんなローテーブルの中にはかつて日本でもおなじみの円卓「ちゃぶ台」も含まれており、その評価が見直されているのです。
ちゃぶ台の丸みを帯びたデザインには安心感があり、一人暮らしでももちろんのこと、複数人でテーブルを囲むこともできます。
ヒノキなどの木材を使用したシックな色合いや手触りを感じることもでき、古き良き昭和の時代が現代において見直されているのかもしれません。
ただしいざちゃぶ台が欲しいと感じても、近くに売っているとは限りません。
またちゃぶ台は大型の家具ではないとはいえ直接購入すると持ち運びに窮することもあります。
そんなときは通販を利用してちゃぶ台を購入することで手軽に手に入れることができます。
価格によっては送料が無料になる場合もあるので、持ち運びが大変な商品こそネット通販の使い時ともいえます。

家具について疑問に思うことがありましたら、専門のスタッフが丁寧に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。 他社との違いは、取り揃える家具にこだわりを持ち、職人自身がデザインを手がける独創的なラインナップです。 ING STYLE FURNITUREのオンラインショップでは、主力商品・サービスのご紹介などをしています。 デザイン性、収納力、使い勝手に優れた家具をご提供。 和にも洋にも合うちゃぶ台は通販サイト「ing」で!

Press Release